「湿疹」「皮膚炎」って何?

 

本当は、この命題は、すごく難しいんです。

 

でも、誤解を恐れずに、かつできるだけ正確に話してみたいと思います。

 

「湿疹」と「皮膚炎」はほぼ基本的に同義語と考えて良いと思います。

(細かいことを言い始めると収拾がつかなくなりますので、敢えて言いません。)


「皮膚炎」とは、皮膚に炎症が起こっている状態を指しますが、化膿している状態、細菌感染を起こしている状態には、皮膚の炎症であっても慣習として、「皮膚炎」という言葉は使いません。


「炎症」とは、原因を問わずに

1.赤いこと。

2.熱をもっていること。

3.腫れていること。

4.痛いこと(痒いこと)。を、言います。


この4項目が揃っていれば、「炎症」と言えるのです。


ちなみに、肺が炎症を起こせば肺炎、肝臓が炎症を起こせば肝炎です。皮膚が炎症を起こした状態が、「皮膚炎」です。


「湿疹」とは、教科書的に言うと

1.点状状態(ボツボツができている)

2.皮疹の多様性(皮がむけていたり、かさかさしていたり、赤くなっていたり、腫れてたり、しみになっていたり、引っかき傷があったり、ジクジクしていたり、いろいろな皮膚の状態がみられる)

3.掻痒(かゆい)この3つが揃っている状態を「湿疹」といいます。


そして、患者さんの年齢、できている場所、皮膚の状態、病気の経過、などにより、いろいろな病名が決められているに過ぎない、のです。

 

ですから、病名の最後に、「湿疹」とか「皮膚炎」という病名がついたら、「ああ、湿疹なんだ」と思ってもらってまず間違いありません。


定義通りに、正確にいうと「皮膚炎」は「湿疹」を含む。「湿疹」は「皮膚炎」に含まれる。と言うことになります。

 

アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)

貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん)

乾皮症性皮膚炎(かんぴしょうせいひふえん)

手湿疹、主婦湿疹(てしっしん、しゅふしっしん)

乳児湿疹(にゅうじしっしん)

自家感作性皮膚炎(じかかんさせいひふえん)

膿痂疹性湿疹(のうかしんせいしっしん)

乾燥性湿疹(かんそうせいしっしん)

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

接触皮膚炎(せっしょくひふえん)

急性湿疹(きゅうせいしっしん)

慢性湿疹(まんせいしっしん)

汗疹性湿疹(かんしんせいしっしん)

異汗症性湿疹(いかんしょうせいしっしん)

おむつ皮膚炎(おむつひふえん)など、

 

順不同でたくさん書きましたが、どれも全て、湿疹、皮膚炎であることには、間違いありません。


                                         (戻る)

 

  

 2017年12月の診療カレンダー(赤字は休診)

           1 2
3  4  5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26  27  28  29 30

 

 

 2018年1月の診療カレンダー(赤字は休診です)

31 1  2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30  31      

 

  

 2018年2月の診療カレンダー(赤字は休診です)

        1  2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

 診療時間:午前 9:00〜11:30

        午後 2:00〜  5:30

 

(診療受付は、診察の1時間前からです。)

 

"なめき皮フ科クリニック" の所在地


  住所:日立市田尻町4-49-21

  電話:0294-43-2222

  FAX:0294-43-7000